遺言書

遺留分と遺言書の訂正について

私は戦時中外地で先夫甲と結婚し乙を産みました。終戦を迎え、先夫甲は後の処理を済ませてから戻るというので、私は乙を連れて日本に引き揚げ、先夫甲の実家で暮らしていました。数年後、先夫甲が死んだとの報せを受けてから、乙は跡取りとして大事にされましたが、私はむしろ邪魔者扱いをされ、とうとう先夫甲の実家から追い出されてしまいました。その後。私は他の男性丙と再婚し丁を産みました。乙は跡取りとして先夫甲の実家の財産を受け継ぎ、立派な家に住み裕福な暮らしをしていました。
私と丙は借家住まいを続け、必死に働いて丁を育てて来ました。現在、丙も死亡し、私は一人暮らしですが生活も安定し私名義の一戸建(三千万円)と預金一干万円をもち、財産の総額は四千万円です。丁は社宅住まいをし、質素に暮らしています。