建物賃貸借

借家人が家族を残して家出をし、賃料を支払わない場合の対処法

私は、甲に10年前一戸建の貸家を賃貸しました。甲は、その家に妻と子供の4人で住んでいました。
ところが、甲は1年位前から姿が見えなくなり、この6か月間家賃を払わなくなりました。困った私は、甲宅に行って甲の妻乙から事情を聞いたところ、「甲は1年ほど前から他に女性を作り、その女性と同棲していて乙の元に戻ってくるつもりはない。但し、貸家の賃料は、子供二人の養育費代わりに甲が払う、との約束になっている。」とのことでした。私は「甲がこの6か月間家賃を払っていないので、困っている。」と言うと、乙は初めて事実を知って驚いていました。
しかし、乙は「夫は家賃を養育費の代わりに払うからと言って、この家を出ていったのだから、私に家賃を払う義務はない。大家さんに甲の居場所を教えますから、甲のところに行って請求してください。」と主張し、自分と甲との約束を盾にして、家賃の支払いに応じてはくれません。
やむなく、私は甲のところに行って、賃料を支払ってくれと催促したところ、甲は「契約を合意で解除してくれ。」と言い出しました。

借家人が失火してしまった場合の法律関係

私は、一階が店舗、二階が居宅の建物を所有しております。二階の賃借人甲の寝タバコにより火が出て、甲は焼死し、二階は全焼してしまいました。また、この火災で一階の賃借人乙の店舗内も全焼してしまいました。

①失火の責任に関する法律があり、失火者は責任を負わないと聞きましたが、甲の私に対する責任はどのようになりますか。

②甲が火災保険をかけているときはどうですか。

③乙から、店舗内の内装を元通りに修復し、かつ店を休んだ間の営業補償を求められました。家主の私は乙に対し、乙の請求に応ずる義務がありますか。

一 先ず、法律関係をあなたと甲の関係と、あなたと乙との関係に分けて考える必要があります。

二 あなたと甲の関係

ページ