小規模個人再生

小規模個人再生と給与所得者等個人再生の共通点と違いを教えて下さい。

小規模個人再生と給与所得者等個人再生の共通点と違いを教えて下さい。

 

小規模個人再生と給与所得者等個人再生は、いずれも通常の民事再生の特則として定められたものです。一応、小規模個人再生は個人事業者向けの制度、給与所得者個人再生はサラリーマン向けの制度と言えますが、サラリーマンだからと言って小規模個人再生を利用できないわけではありません。後述のように給与所得者個人再生では弁済総額について可処分所得による基準が適用されるため弁済総額が多額になる傾向があります。このため、実際にはサラリーマンであっても小規模個人再生手続を利用するケースが多いようです。

住宅ローン以外の債務の額

小規模個人再生・給与所得者等個人再生ともに住宅ローン以外の債務の額が5000万円以下であることが必要です。この点では両者に違いはありません。