定期借地権

駐車場として貸した土地にプレハブを建てることを許可した場合

一 私は、20年前に甲会社から私所有の宅地100坪を「会社の車の駐車場として貸して欲しい」と頼まれ、青空駐車場ならばと期間も定めず軽い気持ちで貸しました。その為、契約書もつくらず、口約束で毎月末に賃料を私の口座に振り込んでもらうことにしました。

二 貸して1年くらい経って、甲会社は、「会社の車の荷台に、業務用資材を載せたまま駐車しておくので、掘立式でよいから車庫をつくらせて欲しい」と言ってきました。私は掘立式なら良いだろうと口頭で承諾したところ、甲会社は、地面に直接丸太を建て、上方をトタンで蔽った車庫を建築しました。

定期借地権の利用について

私は幹線道路沿いに500坪の畑を所有しております。最近、量販店の業者がこの土地を借りたいと言って来ました。
私としては、当面の賃料収入が得られ、かつ、将来の相続税の納税対策として10年ないし20年後に必ず土地を返してもらえるならば貸しても良いと思います。どのような方法が良いでしょうか。

1 新しい借地借家法により認められた事業用定期借地権の設定契約をし、期間を10年以上20年以下とすれば、10年ないし20年後には必ず土地を返してもらえます。