保証金

賃貸マンションの契約更新と保証料・更新料の支払義務

一 私は、賃貸用ビルを所有しています。このビルの一階は貨店舗としで三店に賃貸し、二階から九階までは賃貸マンションとしたビルです。この度一階店舗一軒と三階の一部屋の賃貸借契約が更新時期を迎えることになりました。店舗部分については、当初の契約では一定額の保証金を入れでもらい、これを毎年五パーセントずつ償却して、契約期間三年毎の更新時には、償却分を更新時に追加して差し入れでいただくことになっています。住居部分についでは、契約期間二年毎の更新時には更新料一ケ月分を支払っでいただくことになっています。

二 更新にあたって、管理会社から店舗の賃借人甲さんに、更新契約書の作成と保証金の追加差入れを申し入れたところ、更新は了解するが、保証料の追加差し入れはできないとの回答があったとのことです。甲さんは保証金は賃料と違って根拠のないものではないかと主張しているようです。