自己破産しても自動車に乗り続けることはできますか?

自己破産しても自動車に乗り続けることはできますか?

 

自動車の名義が自動車販売店になっていて購入代利金を分割で支払っているような場合は、自己破産をすると自動車は引き上げられてしまいます。このような販売形式を「所有権留保」と言い、一種の担保権と見られるために破産手続とは別個に担保権の行使が認められるためです。
これに対して、ローンで自動車を購入したような場合は、その自動車の価値により取扱が異なります。一般に普通自動車の場合は初年度登録から7年以上経過している場合、軽自動車では初年度登録から5年以上経過している場合には無価値と判断され、自動車を維持できる可能性があります。自動車の価値が20万円以下の場合も同様です。これに対して、自動車の価値が20万円を超える場合には、管財事件となって自動車は処分されてしまいます。住んでいる地方や仕事によっては自動車がないと生活できないという場合もあります。