自己破産したことが勤務先に知られて解雇されたりしませんか?

自己破産したことが勤務先に知られて解雇されたりしませんか?

 

自己破産をしても、そのことを裁判所が勤務先に通知することは原則としてありません。但し、勤務先から借入をしている場合には、勤務先を債権者一覧表に記載しなければならないため、裁判所から勤務先に対して照会が行くことになり、勤務先に自己破産したことが分かってしまいます。また、勤務先の同僚に連帯保証人になってもらっているような場合も、この同僚を通じて自己破産したことが会社に知られてしまう可能性はあります。このような場合にどうしても勤務先に破産したことを知られたくないというのであれば、自己破産は避けざるを得ません。
また、勤務先からの借り入れや勤務先の同僚に連帯保証人になってもらうなどの事情がない場合でも、債権者が給料債権を差し押さえてきた場合には、差押命令の正本が勤務先に送達されますので、勤務先に債権者への支払いが滞っていることが分かってしまう可能性があります。この点、弁護士や司法書士が自己破産手続を受任して、債権者に受任通知を送付すると、債権者から本人宛の督促が止まります。また、弁護士や司法書士が介入した後は、余程のことがない限り給料債権を差し押さえるようなことはありません。従って、自己破産したことを勤務先に知られたくないのであれば、早い段階で弁護士や司法書士に相談されることをお勧めします。
なお、万が一勤務先に自己破産したことが分かってしまったとしても、自己破産したことのみを理由に、会社が従業員を解雇することはできません。