保証人がいる場合、自己破産をするとその保証人はどうなりますか?

保証人がいる場合、自己破産をするとその保証人はどうなりますか?

 

自己破産の申し立てをして免責が認められると、債務者は債務の支払いを免除されます。しかし、保証人にはこの免責の効果は及びません。この場合、保証人は債権者から残債務全額の支払いを要求されますが、分割弁済を認めてくれる債権者も少なくありません。いずれにしても、保証人がいる場合には自己破産申立をする旨をこの保証人に予め連絡しておくのが良いでしょう。
なお、破産申立をするにあたって、保証人の付いている債務だけを除外することはできません。但し、破産手続終了後に保証人が支払ってくれてた金額を保証人に返還することは自由です。