ギャンブルで借金を作った場合免責されるでしょうか?

ギャンブルで借金を作った場合免責されるでしょうか?

 

浪費やギャンブルなどで借金を作り著しく財産を減少させたり過大な債務を負った場合には免責不許可事由にあたります。この他、債権者を害する目的で財産を隠したり、詐欺的方法で信用取引を行ったような場合にも免責不許可事由にあたります。但し、免責不許可事由にあたる場合でも、裁判所は裁量により破産者を免責にすることができます。実際にも自己破産申立のうち9割以上が免責が認められていると言われています。但し、浪費やギャンブルによる借入の程度がひどい場合には管財人を付けられて現在の生活状況をチェックされたり、一定金額を積み立てて債権者に配当することを裁判所から要求される場合があります。