特定商取引法

高齢者が訪問販売で高額な商品を買ってしまった場合~クーリングオフ制度

私の実家の母(八六歳)は、父が亡くなった後、都内で一人暮らしをしています。たまたま私が実家へ行ったところ、今までなかった羽毛布団や浄水器がありました。
更に、テーブルの上には、数日前の日付の羽毛布団と浄水器のクレジット販売契約書がありました。母が言うには、羽毛布団は、親切そうな女の人が訪ねてきてくれて、「今使っている布団は、湿気っているし、ダニだらけだから、健康に良<ない。」と言われ、「高いからいらない。」と言っても、「クレジットなら月々の支払いは、大したことないから。」と強引に勧められて断りきれなくなり、書類にサインしたとのことでした。また、浄水器については、別の業者が、水道の水質検査に来ました、と言って上がりこんで、「お宅の水は汚れている。浄水器をつけなければ、水質がダメだ。」と言われ、やはり断りきれなくて、書類にサインしたとのことでした。その他、毋は着物の展覧会に来るように勧められていたり、「床下に換気扇をつけなければ床下がかびたり、土台が腐る。」などと言われたりして、いろいろなものを、勧められたりしているようです。

訪問販売のクーリングオフや送付け商法に対する対処法について

先日、留守番をしていると知らない男が「無料水質検査に伺いました」と家に来ました。「検査」というので「市の水道局の依頼か何か」だと思い、家にあげ、水道水をコップに入れて検査してもらうことにしました。その男が薬品をコップに入れると、水の色が変わり「今すぐ健康に害が出るわけではないが、長年飲み続けると健康の保証は出来ませんよ。当社の浄水器をお勧めします」と、しつこく浄水器を買うよう勧めてきました。私は孫の健康を考え、その場で契約書にサインをしてしまいました。夜、息子が帰ってきてからその話をすると「浄水器にしては高すぎる。騙されている」と言われました。今から解除できるでしょうか。

催眠商法に騙された

一 近所の公民館を会場にして、「日用品を安く買える販売会」があり、そこに行くだけで「もれなくお花をプレゼント」ということを聞いたので、喜んで会場に行きました。

二 会場の入口でプレゼントのお花をもらうと、会場内に案内されました。すると、かなりの人でにぎわっており、しばらくして販売員の人が現れ「これから、お買い得商品を幾つかご紹介します。欲しいと思った方は、ハイと大きな返事をして手を上げてくださいね~」と説明し販売会が始まりました。「まずは体・環境にやさしい石鹸、普段は三〇〇円のところ、今日は二〇円。欲しい人は手を上げて。」と言われ、私は迷わず手を上げましたが、他の人が先だったため買えませんでした。

三 同じように「次は、高級歯ブラシ。普段は1,000円のところ今日は50円」と言われ、手を上げましたが、また先を越されてしまいました。