任意整理

ギャンブルや浪費で借金を作ってしまった場合でも任意整理できますか?

ギャンブルや浪費で借金を作ってしまった場合でも任意整理できますか?

 

 

自己破産の場合、ギャンブルや浪費で借金を作ってしまった場合でその程度が酷い場合には免責不許可となる可能性があります。これに対して任意整理は各債権者との個別的な交渉によるものですので、ギャンブルや浪費で借金を作ってしまった場合であっても債務の減額は可能です。但し、借り入れ後にほとんど弁済していないような場合や不相当に高額な商品を買い入れて負債を作ってしまったような場合は、減額が難しい場合もあり得ます。

任意整理をするとブラックリストに載ってしまいますか?

任意整理をするとブラックリストに載ってしまいますか?

 

任意整理をした場合、信用情報機関の記録に事故情報が登録されてしまいます。金融業者が融資をする場合、この信用情報機関の記録を確認したうえで審査を行いますので、事故情報の記録があると融資が下りない可能性があります。
もっとも、この事故情報は5年から7年程度で抹消されますので、それ以降は新たな借り入れも可能になります。
また、任意整理が過払い金返還請求のみ場合は、近時事故情報を記録しない取扱となりました。

自動車のローンを任意整理の対象にすることはできますか?

自動車のローンを任意整理の対象にすることはできますか?

 

自動車を分割払いで購入するにあたっては、従来は「所有権留保」という販売形式が取られていました。これは、分割代金を完済するまで自動車の名義を販売店などに留保するものです。このような販売形式が採られている場合に、割賦代金の支払いを怠ると、自動車を販売店等に引き上げられてしまいます。販売店等は引き上げた自動車を処分してその売却代金を控除した残代金を請求してくることになりますが、この自動車の分割払い代金は利息制限法の適用がありませんので、引き直しによる減額ということはできません。ただ、交渉によっては残額の支払いを分割にしてもらうとか、遅延損害金をカットしてもらうことは可能でしょう。

住宅ローンを任意整理の対象にすることはできますか?

住宅ローンを任意整理の対象にすることはできますか?

 

住宅ローンには、通常担保権が設定されていますので、その支払いが滞ると担保権に基づく競売が申し立てられてしまいます。また、住宅ローンの金利は低めに設定されていますから、利息制限法による引き直しをして減額するということも困難です。まずは、住宅ローンの債権者との間でリスケジューリングできないか相談してみることが重要でしょう。

任意整理した場合保証人に影響はありますか?

任意整理した場合保証人に影響はありますか?

 

保証人がいる場合、任意整理をするとその保証人に請求が行くことになります。従って、予め保証人に連絡を取って任意整理することを伝えておくのが無難です。但し、債権者の同意があれば保証人がいても、債権者から保証人に請求が行かないような任意整理をすることも可能です。しかし、そのような債権者の同意が得られない場合には、保証人についても任意整理などの債務整理手続をする必要が出てきます。また、保証人にどうしても迷惑をかけられないという場合は、その保証人が付いている借り入れを任意整理の対象から外すことも考えられます。

 

一部の債権者だけを任意整理することはできますか?

一部の債権者だけを任意整理することはできますか?

 

 

できます。任意整理は、自己破産や個人再生のように裁判所を通して行う手続ではありませんので、一部の債権者との間だけで任意整理することも可能です。例えば、減額が見込めない銀行からの借り入れを除外して、サラ金業者からの借り入れのみを任意整理の対象とするなどです。

 

勤務先に秘密で任意整理することはできますか?

勤務先に秘密で任意整理することはできますか?

 

できます。任意整理は裁判所を通さずに個別的に債権者と交渉する手続ですので、裁判所から勤務先に照会が行くと言うことはありません。また、任意整理を弁護士や司法書士に依頼した場合は、債権者との交渉はもっぱら弁護士や司法書士が行い、債権者からの書類は弁護士や司法書士宛に送られてきますので、勤務先に知られてしまうことはありません。但し、勤務先の同僚が連帯保証人になっているような場合、その同僚を通じて任意整理していることが会社に知られてしまう可能性がありますので注意して下さい。

家族に秘密で任意整理することはできますか?

家族に秘密で任意整理することはできますか?

 

できます。任意整理は裁判所を通さずに個別の債権者と交渉する手続ですので、裁判所から自宅宛に書類が送られてくると言うことはありません。また、任意整理を弁護士や司法書士に依頼した場合は、債権者との交渉はもっぱら弁護士や司法書士が行い、債権者からの書類も弁護士や司法書士宛に送られてきますので、家族に知られてしまうことはまずありません。但し、家族が連帯保証人になっているような場合は別です。
なお、ご家族に秘密で当事務所に任意整理をご依頼される場合は、予めその旨を弁護士にお伝え下さい。その場合は弁護士名で自宅に郵送物を送らない、連絡方法は携帯への電話やメールに限るなどのご配慮をさせて頂きます。

ページ